MEDICALメディカル事業

取り扱い製品紹介

高周波式ハイパーサーミアシステム アスクーフ8

あきらめないでほしい─
そんな願いから誕生した悪性腫瘍治療装置です

アスクーフ8は、高周波電流を患部に通すことで悪性腫瘍を治療します。単体使用、化学療法との併用、放射線療法との併用において治療ができる装置です。
高周波式ハイパーサーミアシステム アスクーフ8

特徴

特徴

熱で体内の腫瘍を攻撃する他の治療法との併用で相乗効果治療装置

熱の力を用いた癌治療の歴史は古く、医学の父ヒポクラテス(古代ギリシャ、紀元前460~370年)まで遡る事ができます。医療の世界に於いては熱で癌を治療できる可能性が古代ギリシャの時代から既に示唆されてきました。しかし、深部体温を確実に昇温させ癌組織を死滅させる事は難しく、近代医療で確かなサイエンスとエビデンスに基づいた医療技術として採用されるのが1984年の京都大学の故菅原努先生のグループと民間企業との共同研究の成果まで待つことになります。

熱で体内の腫瘍を攻撃する他の治療法との併用で相乗効果治療装置

他の治療法との併用で相乗効果

がんの克服を目指す英知と情熱にあふれた多くのドクターによって、高周波式ハイパーサーミアシステムを活用したいくつかの新たな治療技術が模索されています。

  • 加温療法単体でも悪性腫瘍に対する治療が行えます
  • 化学療法との併用でも治療が行えます
  • 放射線療法との併用でも治療が行えます
他の治療法との併用で相乗効果

加温の原理

加温の原理

体内深部の悪性腫瘍も直接加温できるアスクーフ8の誘電加温技術

成人の身体の約65%は水でできております。水は酸素原子1個と水素原子2個の共有結合でできておりますが、水素分子が約105度で結合しているために永久極性分子となっており、、水分子単体でも電位差があります。そのため、対極電極に極性の変わる交流電流を流すと水の分子が電極の極性変化に依って振動をします。周波数を上げると水分子の振動が追随できなくなりますが、その分のエネルギーが誘電加熱となり、細胞内外の分子自体が発熱します。

治療時の温度上昇グラフ

治療時の加湿分布

高周波電流を均一に分布させアスクーフ8の誘電加温技術安定した加温が可能

アスクーフ8は高周波電流の散逸を極力抑える事に配慮しています。そのため、高周波電流が電極間に集中し、均一な分布を実現しています。
また、冷却水回路の工夫により安定した冷却特性になっているため、加温特性の安定を実現しています。

電極の組み合わせと温度分布

電極の組み合わせと加温分布

電極の組み合わせと温度分布

機能

機能

6種類の高周波電極で身体のさまざまな部位に対応

アスクーフ8には、7~30cmまで6種類の冷却パッド付き高周波電極が2個ずつ付属されます。深在部や浅在部、表在部、あるいは下図の各部位の条件に従い、冷却パッド付き高周波電極のサイズを組み合わせることで、眼球・脳以外の部位の治療が可能です。

6種類の高周波電極で身体のさまざまな部位に対応
6種類の高周波電極で身体のさまざまな部位に対応

患者さんとドクターの負担を軽減します

上下可動式ベッド

上下可動式ベッド

アスクーフ8は患者さんと医療に携わる皆さんの負担を軽減する配慮から、患者さんの乗り降りの際のベッドの高さを低くしております。また、横方向治療時のベッドの嵩上げ作業が不要です。

上下可動式ベッド

仕様

類別名称 機械器具12 理学診療用器具
一般的名称 高周波式ハイパーサーミアシステム(JMDN:40782000)
医療機器分類 高度管理医療機器(クラスⅢ)
医療機器製造販売承認書番号 22800BZX00447000
販売名 アスクーフ8
電源 単相 200V 50/60 Hz 65A
加温形式 高周波(RF)誘電加熱

RF波発振器

電流 25A
高周波出力 最大1500W
高周波発振周波数 8MHz
高周波発振方式 自励発振方式

治療部、循環装置部

電極サイズ 70㎜Φ 2個/100㎜Φ 2個/140㎜Φ 2個/210㎜Φ 2個/250㎜Φ 2個/300㎜Φ 2個
電極パット冷温水循環 独立4水槽貯留恒温水 強制循環方式(COLD)5~25℃/ (HOT)25~40℃の任意選択

治療テーブル部

治療テーブル移動 前後/昇降自動移動  乗り降り時最低高さ:540㎜
テーブルシャッター 開口部自動開閉
ポジショニング 設定位置自動停止
患者保持具 折りたたみ式アーチグリップ

制御コンソール部

温度測定 熱電対温度センサー(同時測定表示)
温度コントロール 高周波出力の自動制御により、加温温度を所定時間まで維持・継続
高周波出力表示 入射波および反射波のグラフ表示
高周波出力可変 陽極電圧の可変制御
高周波負荷整合 高周波出力の自動制御により、加温温度を所定時間まで維持・継続
ディスプレイ 高周波出力、加温温度、加温時間、加温治療の集計、治療データの呼び出し、治療状況の監視
サーモシミュレーション 温度分布シミュレーション

その他の付属品

温度センサー 熱電対式フレキシブルセンサー 5本(太さ0.5mm、長さ1500mm)

寸法・重量

名称 寸法(mm) 重量(kg)
高さ 奥行
ガントリー部 1900 1802 600 510
治療テーブル部 900 786 2275 575
高周波発振部 1900 786 1700 850
操作デスク部 1207 1420 700 110

機械総重量 2045kg

寸法・重量

室内設置寸法

室内設置寸法